持続可能な水田農業を支える伝統的水管理システム

大崎耕土 世界農業遺産

Globally Important Agricultural Heritage Systems

大崎地域って
どんなところ?

大崎地域は宮城県北部に位置する
1市4町(大崎市・色麻町・加美町・涌谷町・美里町)
のことを指します。

西部の山間地帯は奥羽山脈が連なり、
自然豊かで観光業が盛んです。
紅葉で有名な 『鳴子峡』 、
ラムサール条約登録湿地に指定された
『蕪栗沼(かぶくりぬま)』 は
全国的にも有名です。

また、山岳地帯から広がる広大な山地では
畜産や野菜の栽培、
中央部・東部の平坦地では
宮城の代表米でもある
「ササニシキ」 や 「ひとめぼれ」
などの生産が行われています。

素晴らしい自然と農業の発展が
大崎地域を豊かなものにしました。

面積 約1,524km2(152,381ha)
うち農地 362km2(36,190ha)、
森林837km2(83,684ha)
地域の農業生態学的分類 湿帯水田農業地域
地形的特徴 沖積低地
気候区分 温帯湿潤気候
人口 205,925人
地域の主な生産源 農業、林業、商工業
※平成29年9月時点

首都圏からのアクセス
①鉄道(東京駅ー古川駅)JR東北新幹線:約2時間
②鉄道(仙台駅ー古川駅)JR東北新幹線:約17分
 JR在来線:1時間10分
③鉄道(仙台空港駅ー古川駅)JR在来線:1時間40分